トイデジタルカメラで桜を撮影

今日は日曜日で、前日は曇ったり晴れたりしてはっきりしない天気でしたが、この日もそのような天気だったのです。
午前中から3時ごろまで曇っていて、外に出ることは止めようかと思っていたんですが、夕方頃になると急に晴れてきました。
散歩するかしないかを、うーんどうしようと考えていると、テレビで写真を撮ることの特集みたいな番組があって、そういえばこないだ自分も「トイデジタルカメラ」
というものを買ったのでした。それは2500円くらいのおもちゃってぽいやつでしたが、試しに家の中を撮ってみるときちんと撮れていたのです。
なのでこれを持って暗くなるまでちょっと散歩をすることにしました。
曇っていた天気もすっかり良くなった絶好の散歩日和でした。まずマンションの5階にあがってそこからの景色を撮ると、階段のところに桜が落ちているのを発券しました。
おお、と思って、今日は桜をカメラに撮りに行くことにしました。なんせ桜はすぐに枯れてしまいますからね。今日撮らないと機会はないだろうと思って、近くの桜が咲いて
いるところに向かいました。
その場所は桜のトンネルみたいになっているところで、ちょうど満開に咲いていました。さっそくデジタルトイカメラで撮ってみると、近くに同じことをしている人がいました。
その人たちは携帯?とかデジタルカメラで桜を撮っていました。ほかにもいろんな場所を撮って家に帰ってきて、さっそくパソコンに繋げてみると、たしかにちゃんと撮れてい
ました!

毎日を楽しく暮らしたい

毎日を楽しく暮らしらい。
きっと誰でもがそう思っているはず。
でも楽しく暮らすってどういうことだろう?
笑いのたえない日々?
何かサプライズがあればいい日なの?
その基準も人それぞれ。

 

私の場合は特別なことは何も望まない。
もちろん何かプレゼントを貰ったり、そんなサプライズがあればとてもHAPPYな1日になるでしょう。
でも誕生日やクリスマスでないかぎり、そんなことはまずないですね。
だから過度な期待はしないこと。
期待がはずれた時のがっかりした気持ちになるのはイヤだものね。

 

そんな「がっかり」を回避するために、何か行動するときはプランBも考えておいたほうがいいと思うのです。
例えば明日友人と約束しているけれど、急にキャンセルになるかもしれない。
彼とデートだけど、仕事が入るかもしれない。
ディズニーランドに行く予定だけど当日雪の予報がでている、など。
そんな場合にどうするのか。
自分ひとりでも楽しめるようなちょっとしたプランを用意しておきます。
欲しかったコスメや洋服を見に行くとか、そんな小さなことで十分。

 

もちろん少しはがっかりな気持ちもあるでしょう。
でも他にも楽しめることが何かしらあるはずなんです。
お出かけがなくなってぽっかりと予定があいてしまった日、買ったままでまだ読んでいなかった本を読んでみる。
その本がとても面白いかもしれません。
そんなふうに気持ちを切り替えられるようにしています。

 

待ち合わせの相手が大幅に遅刻してきた場合、普通はイライラしてしまうけれど、待っている間に読みかけの本を読むことができればイライラも軽減しますよね。
相手が遅れてきた、でもおかげで好きな本を読むことができた。
だからここで「ありがとう」という気持ちも生まれます。

 

毎回そんなことができるわけではないけれど、今おかれている状況の中で何か楽しめることはないか、常に探すようにしています。
ほんの些細なことでいいんです。
大きな楽しみを探すなんて大変なことですからね。
小さな楽しみや幸せを見つけて、それを楽しい、幸せだと感じることが大きな幸せに繋がっていくものだと私は思っています。
それが出来るようになれば、人としても大きく成長できるのではないかと思うのです。

更新履歴